お知らせ

人間ドックに関するお知らせ

乳房専用PET装置(マンモPET) 導入のお知らせ

2017.9.29

御池クリニックでは、この度、2017年9月発売の(株)島津製作所製 乳房専用PET装置(マンモPET)『Elmammo Avant Class(エルマンモ アヴァン クラス)』を導入いたします。

Elmammo.jpg
Elmammo Avant Class

この乳房専用PET装置は、うつ伏せの姿勢で乳房をホール状の検出器に入れて検査をします。
少ない負担で乳房を大きく引き伸ばした状態で検査ができ、通常のPET装置よりも高分解能な画像が得られます。

今秋には人間ドックのオプション検査として開始予定です。
検査のご予約方法、ご予約開始時期につきましては、決まり次第ご案内いたします。

【乳房専用PET(マンモPET)検査の特徴】
◎乳房を圧迫することのない痛みの少ない、ゆったりした検査
 ・検査は乳房を検出器ホールに入れてうつ伏せにておやすみいただくだけです。
  マンモグラフィの様に乳房を圧迫する必要がない負担の少ない検査です。
 ・検査には女性の診療放射線技師が対応し、ラグジュアリーな雰囲気の検査室で、
  よりリラックスして検査を受けていただくことができます。
 ・検査時間は片側検査に5分。
  (乳房の大きい方は分割撮影で時間が延びる場合があります。)

◎高精度、高解像度な画像撮影が可能
 ・乳房をリング状に配置した最新の検出器と検出技術で検査することにより乳房だけ
  を高精細に検査可能です。
 ・従来装置でブラインドになっていた、胸壁近辺の乳房部分の検出能が大幅に改善さ
  れました。
 ・3Dデータとしてデータ収集する為、あらゆる方向からの画像を作成し、診断する
  ことができます。

◎検査薬1回の投与で全身PET検査に続けて検査が可能
 ・PET検査では放射性医薬品FDG(フルオロデオキシグルコース)を投与します。
  この乳房専用PET検査は、全身PET検査と同時に実施できるため、FDG投与1回で全身のPET検査に
  プラスして精細な乳房PET検査をご受診いただくことが可能です。
(乳房専用PET検査の為に追加のFDGの投与は不要であり、追加の被ばくはありません。)

【全身PET検査+乳房専用PET(マンモPET)検査の流れ】
 ①FDG検査薬を注射
     ↓
 ②安静室にて60分安静
     ↓
 ③全身のPET-CT検査による撮影 (20分程度)
     ↓
 ④乳房専用PET(マンモPET)検査による撮影(15分程度)

※実際には検査説明、移動、トイレなどでPET検査としては2時間を要します。

【乳房専用PET装置「Elmammo Avant Class」関連記事】
2017年9月4日 (株)島津製作所様よりプレスリリースが発表されております。
また、日本経済新聞等に関連記事が掲載されておりますので、ご参照ください。

詳細は以下をクリックください

●「(株)島津製作所 プレスリリース」

●「日本経済新聞」

●「インナビネット(画像とITの医療情報ポータルサイト)」

一覧に戻る

 

医療法人知音会 御池クリニック

〒604-8436 京都市中京区西ノ京下合町11
(西大路御池西南角)島津プラザビル1F・2F

フォトギャラリー
医療法人 知音会 サイト
  • 医療法人知音会 四条烏丸クリニック
  • 医療法人知音会 中之島クリニック